HOME >> KAKERUインタビュー No.20
【KAKERUインタビュー No.20】
帽子ファンなら季節に関わり無く被り物が好きですが、紫外線と日焼けが気になる季節は帽子ファンでなくとも被り物は手放せないもの。私は通年で帽子をかぶる確率が88%以上。かぶらない日のほうが少ないのですが、今回ご紹介するYumicoさんの帽子は、センスがよくてかわいくて、かぶりやすいデザインなので大好き。見ると必ず欲しくなっちゃいます。お若くしてご結婚され、ずっと有職主婦をされてきましたが、その間もさまざまな業界で仕事を続けながら、着々と人脈を培われてきました。子どもの成長と共に、ようやく今、飽きることなく続けられるものを見つけたというYumicoさん。同世代でバリバリと会社でキャリアを重ねている人の一方、自分の好きなことをこんな形で確立するのって素敵だと思います。これから何かをしたいという方も、肩の力を抜いたこんな働き方は参考になるかもしれません。
Yumico.Kato【カトウ ユミコ】 帽子デザイナー

http://mixi.jp/
※mixi会員の方は、こちら(ニックネーム:ゆみこYumico)で最新の作品を御覧いただけます。

1962年、秋田県生まれ。マスコミ・編集者育成の専門学校を卒業後、リクルートへアルバイトとして1年間勤務後結婚。夫の転勤に伴い、全国行脚。広島〜福岡〜広島〜大阪と各地に1〜7年滞在し、10年前ようやく東京へ戻る。転勤先では、さまざまな業種の会社で契約社員や派遣、秘書などで仕事を経験し、人脈づくりに励んできた。 もともと手芸や洋裁が好きだったこともあり、2005年10月から帽子教室に通い始め、ほぼ独学で帽子づくりの基本を学ぶ。その後、ショップやヘアサロンでの委託販売をはじめ、ユニークな販売手法で帽子ファンの注目を集めている。ブランドは、カジュアル系のyumi♪と、エレガント系のYumi.co-Kの2つ。

家族は、転勤族の夫と大学2年生の息子。

 
いつも素敵な帽子を被られていますね。服でもバッグでもなく、Yumicoさんはどうして帽子を作りたいと思われたのですか?
 
もともと帽子が好きで20個くらい持っていました。洋服でも靴でもバッグでもなく帽子がよかったのは、一番顔に近いおしゃれだと思うからです。ヘアスタイルよりも帽子には目が行きます。実家が美容院だったので、ヘアスタイルは短くしても伸びるしあまりこだわりがないのですが、母も帽子を被る人だったんですね。きちんとした服と靴と帽子を身に着けていれば、カッコいいですし。化粧をしていなくても、髪がクシャクシャでも似合うのが帽子だと思います。
 
どうやって帽子づくりの勉強をされたり、技術を身につけられたのですか?
 

帽子の講座に通ったのがきっかけですが、気に入った帽子は分解して真似て作ってしまいます。デザインは無限にあります。講座には本科生と自由科の2つのコースがありまして、本科は基礎を一通り学び、自由科は1回3時間10講座で、本来は本科を卒業した方が通うコースだったのですね。私の場合は、本科を飛ばして自由科へ通っていたのですが、もっとアドバイスが欲しかったです。ちょっと物足りなかったの。

 
独学でこれだけの帽子を手づくりされるのは、センスも根気も必要ですよね。1週間でどのくらい作られるのですか?
 

1週間で7個、1日1個は作ります。お手伝いしてくれる方が一人いれば、3日で10個は作ります。ミシンは使いますが、調整などはすべて手作業なので大量生産はできないのです。生地はユザワヤや日暮里の繊維街へ買い付けに行きます。50センチ買うと1個できます。1メートルで2〜3個分ですね。この生地でこれを作ろうとデザインから生地をイメージすると、家事も忘れて動きを止められないから要注意なんです(笑)。

 
将来的には、どのような展開イメージをおもちで帽子づくりをされたいとお考えですか?
 

大量に作ってたくさん売って儲けるような帽子づくりをするつもりは今は全くありません。売れればうれしいですし、もっと違う作品づくりをすることもできます。ですが、どちらかというと、誰かと喜びを分かち合いたいと思っています。帽子が好きな人と一緒に作りたいんです。主婦で帽子を作りたいという方がいれば、基本技術は教えて差し上げます。

 
商売というよりも啓蒙活動のような志がおありなのは素晴らしいですね。趣味というには、その域はとうに超えてらっしゃいますよね。
 

もともと針仕事が好きなんですが、挫折無く続いているのは自分でも意外なんですよ。将来的には、お客様が集えるスペースがほしいです。実演販売ができるような。生地が段々立体化になっていく過程が楽しいので。

 
洋裁オンチな私にとっては、神の手のようです!このお帽子は、どちらで見ることができますか?
 

6月11〜16日まで四谷の新宿御苑駅近くの[and ZONEギャラリー]で展示しています。通年では、浅草ビューホテルのショッピングアーケード『デュメールサロン』。ここのお店のお客様はユニークで、お一人で3個も4個もお買い上げいただけたり、確実に帽子好きな方がいらっしゃるようです。観光地なので、ファッション的にもふさわしいのかもしれません。
それと学芸大学のヘアサロン「TROUVER〈トゥルーブ〉」でも7〜10個くらいディスプレイしていただいています。10月には横浜市大倉山駅近くのスペースで仲間達と展示・販売会を計画しています。 また、mixi(ニックネーム:ゆみこYumico)で新作が完成の都度、発表していますので会員の方はぜひチェックしてください。

 
路線的にはどのようなお帽子を作られているのでしょう?
 

一般的などなたが被ってもサマになる帽子というよりも、わりと帽子が主張しているもののほうが評判がよいですね。そちらの方向性で作ってゆきます。今は女性向けにだけですが、将来的には「男の帽子」も手がけたい。男の人ってスーツを取り上げると何を着たらいいかわからないでしょう。スーツを脱ぐとゴルフウエアしか選択肢がない方が多いでしょう。ハンチング帽とかなど、カッコよく被れる帽子を提案したいです。

 
なるほど。おもしろそうですね!色々な地域で生活されてきて、たくさんお仕事場も経験されて、今こうしたお仕事をされていることがすべて結びついていらっしゃる?
 

そうですね。若い頃にやろうとしても人脈がありませんでしたし、今だからこそ、こうして周りの友人に支えられて仕事をしております。もともと手芸や洋裁は好きでしたが、わりと飽きやすいタイプで(笑)長続きしなかったんですね。ところが、帽子づくりだけは違います。一つひとつ作ってもまた違う喜びが生まれます

 
自分が夢中になることが仕事として成立して、それがどなたかに喜ばれる物になるのは、素晴らしいことですね。しかも儲けることが目標ではなくて、帽子のおしゃれや創る喜びを広めていくことを理念にされていらっしゃる。帽子デザイナーになるには、どんなことが求められますか?
 

まだ駆け出しの私が偉そうなことを言うのは恥ずかしいですが、自分のセンスを信じて個性を出していくことだと思います。デザインを考える時、帽子のイメージは球体でしょ。そのパターンは平面なわけで……立体から平面にする展開図の作製が必要になります。そこで挫折せず、失敗しても、何度でも作り直す根性があれば大丈夫!あとは帽子を愛する心でしょうか(笑)

 

ありがとうございました。
ガツガツとビジネスに走らないお仕事ぶりは理想的。趣味というには勿体無いですし、創作意欲はプロそのもの。好きなことだから目を輝かせて、帽子談義は絶えることがありません。聞いている私もワクワクしました。これからの新作も楽しみです!被っていないと落ち着かないくらい、帽子は私にとって必需品。考え事をする時も、帽子を被っていると落ち着いて考えられるような気がします。気に入ったものは毎日被るので、必然的にお洋服が同じようなテイストのものばかりになってしまいますけれど(笑)。


●Yumicoさんのお帽子が展示されますので、ぜひチェックしてくださいね!

and ZONE ギャラリー主催
「世界に一つの帽子デザイン展2007」

・展示期間:6.11(月)〜6.16(土) 11:00〜20:00 最終日は17:00までとなります
・場所:and ZONE ギャラリー (新宿区四谷4-28-4 YKBエンサインビルB1)
※丸の内線<新宿御苑前>駅2番出口を出て新宿通りを四谷方向へ5分、
サンミュージックを左折、HOTEL WELL手前です。
・Tel&Fax:03-3341-0849



 

9,800円(税抜き)
春らしいフラワープリントのお帽子。 ミニバッグ1点と、お財布や通帳が入る大中小サイズのポーチ3個も付いています。

7,800円(税抜き)
淡いブルーのワッフル地にケミカルレースをあしらった可愛くも上品なテイストでミセスにも似合います。

 

6,800円(税抜き)
綿麻ニットのボーダー地。 被り心地ばっちりです。

 

11,800円(税抜き)
Yumicoオリジナルのオペラハウス帽。ハットピン付きでアレンジ自由。 アンティーク風ローズ゙のステンシルを施しました。

 

6,800円(税抜き)
夏にピッタリ。 リバーシブルのチューリップハット。

 

9,800円(税抜き)
ハットピンで留めた、、変形ブリムのキャプリン。 赤の地とポップ刺繍の地のコンビ゙がお顔を明るく見せます。

 

6,800円(税抜き)
タイシルクで作った、大人の帽子。コサージュ付きのベルトは取り外し可能です。

 

Copyright 2008 Motheru. All Rights Reserved
プライバシーポリシー